本日のTTMレート9.38
(2019/12/13 13:52 現在)

大黒屋の韓国ウォン両替体験談

外貨の両替が「金券ショップ」でできる!?”大黒屋”に韓国ウォンの両替行ってみました!

みなさんは、「国内で外貨の両替をしよう」と思ったとき、どんなところを想像しますか?

・銀行
・駅
・空港

などがすぐ思いつくところだと思います。

しかし、どこの銀行や駅でも両替ができるわけではなく、気軽に足を運ぶことができないので、少々不便ですよね…。

そんな方々のために、知っておいていただきたい両替可能な機関があります。

それは、「金券ショップ」です。

金券ショップというのは、ギフトカードや切符などを買い取り、定価より割安で販売しているお店のことです。

ブランド品の買取などもおこなっているところもあり、最近よくテレビなどでも特集されていますよね。

そんな金券ショップですが、なんと外貨の両替もおこなっているんです!

今回は、金券ショップの中でも有名で、店舗数も比較的多い「大黒屋」さんで、実際に外貨の両替をおこなってきました!

両替へ行った日の仲値は”1韓国ウォンあたり0.10310円”

大黒屋さんでの両替体験を語る前に、外貨の両替の肝である仲値についてご紹介します。

今回両替する通貨は「韓国ウォン」です。

両替に行った日の仲値は「1韓国ウォンあたり0.10310円」でした。

2017/11/16 木曜日 0.10310JPY 2017/11/16日の
KRWからJPYへの換算

参照元:EXCHABGE-RATES

この値を参考に、大黒屋さんの手数料や両替レートを確認します。

「仲値ってなに?」
「両替レートって?」

と、疑問に思われた方は、別の記事で仲値や両替レートについてご紹介しているので、そちらをご一読ください。

関連記事:韓国ウォンの両替体験談〜銀行編〜

“大黒屋上野アメ横店”に外貨の両替行ってみた!

さて、こちらの項目から、実際の大黒屋さんでの外貨の両替についてお話していきます。

私が向かった店舗は、「大黒屋上野アメ横店」です。

住所 東京都台東区上野4−8−13
電話番号 03−5816−0401
営業時間 平日・土日祝10:30~19:30
休業日 年中無休(年末年始除く)


職場に近いことと、「アメ横なら外国人も多いし両替対応してるでしょ!」というのが、数ある店舗から「大黒屋上野アメ横店」を選んだ理由です。

大黒屋さんのホームページを確認し、「外貨両替」に対応していることもしっかりチェック。

大黒屋上野アメ横店のアクセス

上野駅から、大黒屋上野アメ横店へのアクセスをご紹介します。

JRの「中央改札」か「不忍口改札」を出るとわかりやすいと思います。

私は「不忍口改札」から出ました。

改札を出て信号を渡ると、すぐに「アメ横」の入口が。

アメ横を入って直進し、分岐点を「上中”うえちゅん”」の方へ進みます。

しばらく歩くと大黒屋上野アメ横店が見えてきます。

“大黒屋上野アメ横店”は日本円→外貨の両替はできない…。

「手数料はどれくらい取られるのかな〜」なんて考えながら、いざ入店。

外貨の両替は2階で対応してくれるようです。

受付は2つ。
一方にはブランド品の買取を依頼するおばさまが既に座っていましたが、もう一方は空いていたのですぐに対応してくれました。

さっそく、「日本円を韓国ウォンに両替したいのですが。」

と尋ねると、

「うちでは外貨を日本円に両替するサービスしか取り扱っておりません。」

という衝撃の返答が…。

なんとこの店舗、外貨の両替はおこなっているものの、

「外貨→日本円」

の、取り扱いのみでした…。

アメ横は外国人の方が多いですからね…日本円を外貨に両替する需要は、あまりないのかもしれません。

しかし、私みたいに勘違いする人はたくさんいらっしゃると思いますので、「外貨両替」の取り扱い店舗に登録されているのであれば、日本円→外貨もぜひ取り扱っていただきたいですね。

“大黒屋秋葉原店”に外貨の両替行ってみた!

「大黒屋上野アメ横店」で出鼻をくじかれた私ですが、近くにまだ大黒屋さんの外貨両替取り扱い店舗があったので、そちらへ向かうことにしました。

私が向かったのは、「大黒屋秋葉原店」です。

住所 東京都千代田区外神田1-11-7 秋葉原家松ビル
電話番号 03-3254-5351
営業時間 平日・土日祝10:30~19:30
国際送金受付 平日・土日祝10:30~18:30


経路は以下の動画を参考にしてください。

といっても、秋葉原駅を出て、中央通りをまっすぐ直進するだけなので、非常に簡単です。


動画の40秒くらいのところで出てくるオレンジの屋根?のれんのお店が「大黒屋秋葉原店」です。

上野駅や御徒町駅から向かう場合も同様に、中央通りへ出て、まっすぐ秋葉原方面に向かえば、迷うことなくすぐにたどり着けると思います。

大黒屋秋葉原店の両替レートは”100韓国ウォンあたり11.69円”

いざ入店し、まずは気になる両替レートのチェックです。



大黒屋秋葉原店さんの韓国ウォンの両替レートは「100韓国ウォンあたり11.69円」。

仲値との比較のため、1韓国ウォンあたりに換算すると、

「1韓国ウォンあたり0.116900円」ですね。

仲値は「1韓国ウォンあたり0.10310円」だったので、手数料は約14%です。

僅差ですが、前回両替に行った銀行より、手数料は安く設定されていました。

一応、確認のために、

「手数料はかかりますか?」

と、質問してみると、

「手数料は両替レートに含まれています。こちらでのお取引で手数料等の費用は発生しません。」

とのことでした。

大黒屋のような金券ショップは、銀行などのオフィシャルな機関ではないので、

「もしかしたら両替手数料が取られるかも…?」

と、思っていたので、この返答は意外でした。

大黒屋秋葉原店の実際の両替の手順は?

両替レートが判明したところで、実際の両替の手順についてです。

大黒屋秋葉原店での両替は非常にシンプル。

1.外貨の両替を申し出る
2.両替する通貨を指定する
3.予算を伝える
4.貨幣の種類を伝える

これで外貨を両替してくれます。
実際の取引はこのような感じです。

私「外貨の両替をしたいんですけど」

大「どちらの通貨ですか?」

私「日本円を韓国ウォンに」

大「かしこまりました。おいくら分の両替をなさいますか?」

私「5,000円分お願いします」

大「かしこまりました。5,000円分ですと、42,000ウォンになりますがよろしいでしょうか?」

私「はい、大丈夫です」

大「かしこまりました。10,000ウォン4枚と、1,000ウォン2枚でよろしいでしょうか?」
私「大丈夫です」

大「では、5,000円いただきます」

私「はい(お金を渡す)」

大「少々お待ちください」

〜約1分後〜

大「お待たせしました。本日の韓国ウォンのレートが11.69円で、5,000円分の両替になりますので、韓国ウォン4,2000ウォンです。10,000ウォンが4枚と、1,000ウォンが2枚になります。(店員さんが紙幣を数える)封筒にお入れしますか?」

私「はい、お願いします」

大「かしこまりました。ありがとうございます。(封筒にいれて韓国ウォンを受け取る)」

対応に関しては、「すごい丁寧だった!」というほどではありませんが、気になるほど酷い対応でもありませんし、ストレスを感じることもまったくありませんでした。

平日の15時30分くらいに伺い、滞在時間は3分ほどでした。

非常にスムーズに取引することができて、満足です。

大黒屋秋葉原店での外貨両替まとめ

待ち時間 ほぼなし ★★★★★
必要なもの 特になし ★★★★★
かかった時間 3分程度 ★★★★★
対応 両替レートも手数料も気兼ねなく教えてくれました。 ★★★★
両替レート 0.1169円/1ウォン
手数料 約14% ★★
その他 外貨両替に対応している店舗が多いので、
場所を選ばず両替がおこなえる
★★★★

待ち時間も短く、必要な書類なども特にないのでストレスなく外貨の両替がおこなえます。

また、手数料は銀行よりも安く、換金額で比較すると、2,000ウォン多く返ってきました。

そして、外貨両替対応店舗が少ない銀行と比べ、大黒屋は非常に多くの店舗で両替がおこなえるため、職場や自宅の近くで両替ができる可能性が高く、余計な交通費などがかかる心配がありません。

交通費のことを加味すると、銀行よりもかなりお得に両替できることになります。

銀行で両替を考えている人は”大黒屋”へ行くべき!

いかがでしたか?

大黒屋秋葉原店の大きな特徴は以下の2点です。

・外貨の両替が可能な店舗が66店舗もある
・両替手数料が銀行より安い
例えば、三菱東京UFJ銀行でしたら、外貨両替専門コーナーが設けてある店舗は、3店舗に限られてしまいます。

そのうえ手数料も大黒屋秋葉原店より高く、三菱東京UFJ銀行で両替をおこなってしまうと、2,000ウォン損する形になってしまいます。

「とりあえず両替といえば銀行かな?」

なんて思っている方は、せめて大黒屋へ行って両替することをおすすめします。