本日のTTMレート9.38
(2019/12/13 13:52 現在)

Travelex(トラベレックス)での韓国ウォン両替体験談

外貨両替専門店「Travelex(トラベレックス)」で両替してみた!

外貨の両替について、前回、金券ショップの「大黒屋」についてご紹介しました。

店舗数が多く、両替手数料も銀行より安いので、銀行と比べると比較的便利で良心的な外貨両替機関でした。

そんな大黒屋に引き続き、今回こちらの記事では「Travelex(トラベレックス)」という外貨両替の専門店についてご紹介します。

外貨両替専門店”Travelex(トラベレックス)”とは?

Travelex(トラベレックス)とは、世界1,500ヶ国以上、日本国内に76店舗を展開する、最大手の外貨両替専門店です。

駅や空港にも店舗がありますので、見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回も前回の大黒屋や銀行と同様に、実際に外貨の両替をおこなってきたのですが、私が向かった店舗も、駅の中にある店舗でした。

店舗数も多く、駅や空港にも併設されているので、大黒屋以上に利便性は高いと言えるでしょう。

気になる手数料や店員さんの対応については、以下の私の体験談を参考にしていただければと思います。

Travelex(トラベレックス)へ両替に行った日の仲値は0.10310円

両替の際に基準となる仲値ですが、Travelex(トラベレックス)へ両替に行った2017年11月16日は「0.10310円」でした。

2017/11/16 木曜日 0.10310JPY

参照元:EXCHABGE-RATES

この数値とTravelex(トラベレックス)の両替レートとの差分が、手数料になります。

Travelex(トラベレックス)京成上野店に行ってみた!

私が向かったのは、Travelex(トラベレックス)京成上野店です。

住所 東京都台東区上野公園1-60 京成上野駅構内
電話 03-5807-0832
営業時間 6:15-19:00

京成上野駅の構内に併設されている店舗です。

今回私はJRの上野駅「不忍口」から出てしまったので、不忍口からの経路になります。

JR上野駅の「不忍口」改札を出て右に歩き、突き当りの信号を渡ります。

すでに京成上野駅が見えています。

信号を渡ったら左へ。

「京成上野駅」の看板を目指して進みます。

駅構内へ入るとすぐ、Travelex(トラベレックス)が見つかります。

「東京都観光案内所」のすぐ隣でに位置しているのでわかりやすいと思います。


JRの駅からでも2~3分で行くことができました。

不忍口から京成上野駅までの経路が動画にアップされていたので、文面では伝わらなかった方はこちらをごらんください。

Travelex(トラベレックス)京成上野店の待ち時間は無し

午後14時前の到着でしたが、私以外の利用者は一人もいませんでした。

駅構内の両替ショップだったので、多少の混雑は予想していたのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

Travelex(トラベレックス)京成上野店の韓国ウォンの両替レートは0.1185円

Travelex(トラベレックス)京成上野店の両替レートは、電光掲示板で店頭に掲載されています。

両替に行った2017年11月16日の両替レートは、「1韓国ウォンあたり0.1185円」でした。

仲値が0.1031円(以下比較しやすいよう切り捨て)だったので、およそ16%の手数料が上乗せされている計算になります。


大黒屋では、わずかながら銀行を下回る手数料でしたが、Travelex(トラベレックス)では残念ながら銀行以上の手数料が発生してしまうようです…。

Travelex(トラベレックス)京成上野店では両替レート以外の手数料はない

Travelex(トラベレックス)京成上野店でも、ほかの外貨両替ショップと同様に、

「両替って手数料はかかるんですか?」

と、尋ねると、

「両替レートに含まれているので、こちらでは特に余計な費用はかかりません」

と、答えていただきました。

さすがにどこも両替レート以外の手数料は取らないのでしょうか?

この感じだと、手数料が発生するような両替ショップは、それだけでマイナスイメージになってしまいますね。

Travelex(トラベレックス)京成上野店での実際の両替手順

さて、レートや手数料が判明したところで、実際の両替手順についてです。

Travelex(トラベレックス)京成上野店でも、両替に必要な依頼書等の書類はありませんでした。

窓口で「韓国ウォンの両替をしたい」と申し出ると、

「おいくら分の両替になりますか?」

と聞かれます。

金額を伝えると、(今回私は5,000円分の両替を希望)

「日本円5,000円分ですと、40,000韓国ウォンとの両替になりますがよろしいですか?」

と、すぐにいくら分の両替になるのか計算して、問題ないか確認されます。

特に問題がなければ、そのまま日本円を渡して両替開始です。

貨幣の種類に関して、

「10,000ウォン4枚の両替でよろしいでしょうか?」

と、聞かれるので、なにか指定がある場合はこのタイミングで申し出ましょう。

特に指定がない場合は、お任せしてしまって大丈夫です。

1分ほど待つと、両替は完了。

両替された10,000ウォン4枚と、お釣りの日本円260円、レシートを受け取って取引は終了となります。

かかった時間は2~3分、非常にスピーディに取引することができました。

Travelex(トラベレックス)京成上野店での外貨両替まとめ

待ち時間 ほぼなし ★★★★★
必要なもの 特になし ★★★★★
かかった時間 2~3分程度 ★★★★★
対応 手数料等も嫌な顔せずに答えてくれました。 ★★★★
両替レート 0.1185円/1ウォン
手数料 約16% ★★
その他 駅構内にあるのでついでに寄ることができる ★★★

店舗数や立地に関しては言うことなしのTravelex(トラベレックス)ですが、手数料は銀行を上回り、私が今まで回った外貨両替可能機関の中では一番損をしてしまう結果に…。

とても便利な場所に位置しているのに、お客さんが私以外にいなかったのも、「手数料が高いからなのかな?」なんて思ってしまいました。

しかし、隣に東京都観光案内所があったので、外国人旅行客など、インバウンド向けのサービスで、はなから「日本円→外貨」の両替はついで程度の認識なのかもしれません。

Travelex(トラベレックス)での両替は便利だが決して安くない

いかがでしたか?
Travelex(トラベレックス)の特徴をまとめると以下のようになります。

・店舗数が多く、駅の中や空港にもあるため、利便性が高い
・待ち時間はほとんどないのでスムーズに両替ができる
・手数料は銀行よりも高い

店舗数も多く、待ち時間もほとんどないので、仕事や外出のついでに気軽に両替ができるのは非常に魅力的だと思いました。

しかし、その利便性の反動なのか、手数料は銀行をも上回る約16%。

今回は5,000円の両替なので、そんなに手数料のダメージはありませんでしたが、これが、例えば100,000円の両替だった場合、仲値と比較して、およそ16,000円もの損が…。

歩いて15分ほど先にある大黒屋秋葉原店と比較しても、2,000円も損しています。

「外出のついでで少額の両替」

上記のような場合はTravelex(トラベレックス)で両替するのが便利ですが、

旅行などで高額の資金を両替する場合は、あまりおすすめできません。

この記事を読んで、銀行や金券ショップの体験談が気になった方は、そちらもご覧いただけるとより外貨の両替や手数料についての理解が深まると思います。